恋愛のために情報商材を買うなんて恥ずかしい?

たまに「たかが恋愛を学ぶのに情報商材を買うなんて恥ずかしい」と思っている方がいるようです。ただ、本当の極秘情報というのは大抵の場合、情報商材でしか出回っていません。その理由をご紹介します。

 

本気でモテる人から学ぶのが一番の近道

例えばスポーツで一流を目指そうと思ったら、その世界で一流の人の指導を受けるのが一番いいですよね。何か専門性の高い高度な資格を取得しようと思ったら、やっぱり資格専門のスクールで勉強したほうが合格率が高いです。

恋愛だって同じです。恋愛がうまい人、毎日毎日、何人もの女性と接して遊んできた達人に教わったほうが上達も早いに決まっています。なのに、なぜか恋愛に関しては「人から教えて貰うことは恥ずかしいことだ」と思っているモテない男性が結構な数います。

すごくしょーもないプライドだと思います。モテる人に恋愛テクを学ぶことが、「自分がモテない」ことを認めてしまうようで、プライドが傷つくのかもしれません。でも、そんな一時の恥なんかよりも、はやくモテるようになって、可愛い女の子に囲まれて、理想の人生を歩めるようになったほうがいいわけですよね。

 

恋愛の極意は本屋では出回っていない

なぜ情報商材なのか、というと、恋愛の本質的なテクニックは、本屋では出回っていないからです。恋愛は綺麗事だけではありません。モテるためには、「それはアザトイ」というようなテクニック、「ここまでするか」というような黒いテクニックも結構あります。もちろん、それを試す試さないはあなたの自由ですが、知っておいたほうが幅が広がるのは間違いないでしょう。

なぜなら、女の子は常にそういうテクニックを駆使してくるからです。モテない男性はあまりわかっていませんが、女性というのは、アザトイ生き物なんです。あらゆる言葉に裏があり、あらゆる言葉に駆け引きがあり、あらゆる言葉にカマをかけてくる、といっても過言ではないわけです。特に可愛い女の子ほど、恋愛に慣れているぶん、コミュニケーション力が高い(人当たりがいい)ため、言外の意味を読みとるのが大変です。

なぜ本屋に本質的な裏テクニックが出回らないのかというと、基本的に「本を売る」という行為はお金にならないからです。学者やら、起業家、社会人であれば、自分の宣伝、ブランディング、権威付けのために本を出したい、という方はいくらでもいます。でも、恋愛商材を主に販売しているような、プロのナンパ師、ホスト、ヒモ師、といった連中は、そもそも顔出しがNGなことも多く、権威付けしたい、社会的に有名になりたい、という動機がほぼありません。(タレントとして活躍していきたい元ホスト以外)。だから、本を出すメリットがないのです。

そのため、彼らのテクニックは多くの場合、インフォトップなどで情報商材として販売されます。恋愛商材であれば、単価も高いため、数多く出回る心配もないため、心おきなく本気のテクニックをさらせるわけですね。特に当サイトで紹介している恋愛商材は、どれも秀逸なのでチェックしてみてください。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ