モテない人間によくある勘違い

モテない人間が陥りやすいパターンとして、「自分の今までの価値観やこだわりを捨てられない」というものがあります。人生の結果というのは、すべてそれまでのその人の思考や行動の積み重ねの結果です。成功すべき人は、成功するような思考と行動をしているから成功するのだし、失敗する人は失敗する思考パターンや行動をとっているから失敗します。

少し抽象的な話になってしまいますが、つまりモテない男性というのは、今までの人生のなかで、モテない価値観や思考パターンをもってモテない行動を積み重ねてきたから、結果としてやっぱりモテないわけです。つまり今までの自分の価値観やこだわり(持論)はいったん捨てないとダメです。

一番理想的なのは、やはり謙虚にモテる人間のいうことを聞くことです。モテる人間がいうことを、疑わずにいったん素直に取り入れてみる、という姿勢は重要です。自分の価値基準や判断をアテにしない、疑ってかかる、ということを意識するだけでも、全然伸び白は変わってくると思います。特に長年モテていない人ほど、変にこだわりとか価値観が出来上がっている人が多い気がするので、今回は書いてみました。

あと、もう1つモテない人間がますますモテなくなる原因の1つとして「女性の選り好み」があります。モテる男性は、そもそも女性ウケがいいので、女性に苦手意識がなく、どんなタイプの女性とでも幅広く仲良くできます。だから結果、ますますモテます。

一方でモテない男性の多くは、女性に受け入れられないことを人生で多々経験しています。そのため、つい受け入れられなさそうなタイプの女性を、(性sン的な防衛のために)こちらから嫌ってしまったりしがちです。つまり、嫌われる前に嫌ってしまえば傷つかないだろう、という発想です。でもこの発想は、みずから女性のターゲット幅を狭めているだけなので、お勧めしません。選り好みをしないことは、女性に苦手意識をもたないためにも重要です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ